松風の音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミソジな彼と入籍記念日

 今日はダンナさんの誕生日
 って言っても、本人は仕事だし、別居中だし(笑)

 そうそう。
 そして2年前の今日、私たちは入籍した。
 
 『10月23日の俺の誕生日に入籍しようと思うんだよね。覚えやすいしさ。』
 と、決定事項で報告してきた彼(笑)
 そりゃ、自分の誕生日なら忘れないだろうよ

 多くが普通、そういった『メモリアル』的なことは彼女の誕生日にしない??
 私の誕生日も9月なのにね。そう離れてないじゃん。

 彼らしくて笑ってしまったことを思い出す。
 おもしろいから、言う通りにした。

 
 

 

 

つづきを表示

スポンサーサイト

♪1stアニバーサリー♪

2004年11月23日
私たちは結婚しました。
2005年11月23日 だんな、奇跡の休日。1年ぶりの雅叙園へ。
以前から行ってみたかった、雅叙園内の中華の「旬遊紀」へ。
77年企画でマイスイートプランっていうのがありました。
コース料理ならば、写真とケーキのサービス付き。
ケーキはお腹いっぱいになったから、お持ち帰りで。
ケーキと写真はコレ。
20051125090144.jpg

20051125090221.jpg

思い出せば、早かった1年。こうして何年も、何十年も過ごしていくんだな。って想いました。
この1年、「結婚してよかった~」って思ったことは数えられない。
だけど、「結婚するんじゃなかった・・・」って思ったことは、一度もない。
これが私の1年間。
次の1年もそういれる、この人ならそうだ、って思う。
私が4月に外出先でSOSをかけた時。
「大丈夫だから、安心していいから、すぐいくからね」って言ってくれたこと。
赤ちゃんのこと、友達とのこと、いつも私がぐちぐち悩んだりしたとき、あなたはいつもそばにいて話を聞いてくれたり、助言をしてくれたり。
今も1番の親友でいてくれてる。
プロポーズのとき、一生大切にしてくれるとあなたは言った。
あの時、世界で1番の味方ができた気がした。
どんなことからも守ってくれるような気がした。
その言葉通り、あなたは私を全てのことから守ってくれている。
私もそうでありたい。彼に対して。
これからもよろしくね♪大将!
私も面倒みてあげるからさ♪
1123211.jpg

↑この日から1年。変わったこと。2人の体重増加・・・!?

去年の今頃♪

 今日は、旦那さんの誕生日。

 誕生日だけど日曜だけど彼は仕事。(しかも夜勤になった・・・)

 去年の今頃。私たちは入籍した。

 「覚えやすいから俺の誕生日に入籍しようと思ってるんだ!」
 彼がそういったのを覚えてる。

 普通、彼女の誕生日のことが多くない?(笑)ちなみに私は9月21日
 覚えやすいって、そりゃ自分はさ(笑)そうだろうよ。

 だけど、まぁ反対するまでもないし、
 「いいよ」って言ったけどさ。

 会社の都合で、入籍日も色々自由にはならなくて、結婚式の前に
 だけど、2ヶ月前くらいじゃないとダメ、みたいなこと言われてて。

 そんな中で、去年10月23日に届けをだした。
 土曜日の区役所はガラんとしていて、静かだった。
 休日受付のおっちゃんだけが、私たちを祝ってくれました。

 あれから、1年。早いな。
 
 彼にプロポーズされた時、
 世界中のどんな人の言葉よりも、「力」があって
 世界で一番の「味方」ができた気がした。
 この人が私を守ってくれるんだ、そう心から想えた。
 そんなの初めてだったから。
 
 予想してなかったからびっくりしたのと、
 涙が出たことに驚いた。
 ほんと、泣いちゃうもんだね(笑)

 あれから1年。っていってもまだ1年ね。
 これから人生何年あるかわからないけど、
 これからもよろしくね♪

 バースデイ勤務がかわいそうだけど。。。
 明日夜は、ケーキ作っておこう。
 
 
 

お姉が結婚した日

9月23日、私のひとりの姉が結婚しました。

たびたび話に出るように、姉はジョイフ○恵利のスタジオの和装の着付師です。

OLを辞め、資格を取るため学校に入り、転職したのが姉が25歳の時。
思い切った決断だったと思います。

着物が好きで、夢を今も追い続ける姉。
いつもどうしようもないって私がなげくような(笑)姉だけど、だけど妹ながら、かっこいいし、尊敬してる。

そんな姉も、婚期が今までなかったわけじゃない。
妹が言うのもなんだが、姉はとてもモテた。

結婚を考えた相手が、今から5年くらい前にいた。

だけど。

彼の家族のことで、障害ができ彼も、姉も、その彼の家族も、うちの家族も悪いわけではなく、その結婚話はなくなった。

彼のおばあちゃん、母、兄が盲目で、唯一頼みのつなだった父が肝臓を悪くし、彼が全ての家族を扶養として仕事をかけもちしながら生活しなければならなくなったのだ。

彼のお父さんは、その後なくなってしまう。

姉は、転職するために夢を追い始めたばかりだった。

大好きな人。

だけど、結婚したら同居して姉はおばあちゃん、母、兄のサポートをしなくてはならない。

姉は、迷って、迷って、答えをだした。

うちの両親は、姉の結婚に反対した。
私は・・・・・・やっぱり反対した。

彼は、何度もうちに来ていてとってもいい人で私も大好きだった。
だけど。
姉の苦労を考えたら、反対だった。

姉は、「結婚しないこと」を決めた。

すごく、切なかった。
姉は、自分をせめていたし、1人でこっそり泣いていた。

夢を選んだ姉は、ずっとずっと自分をせめているのがわかった。

大好きだったから、彼が。

その後もよい人とお付き合いしても、その時の彼がどうしても心にいるらしく、プロポーズされても結婚に至らなかった。

結婚した彼とは、出会いから、恋愛になるまで、おねえは久々に、キラキラしてるのを私も感じた。

だから、嬉しかった。

おねえは、幸せになるべき人だ。
いつも色々言うけど、私はおねえが大好き。

世界一、幸せになれ!お姉ちゃん。心を込めて・・・。
bo-do.jpg


私が作ったウェルカムボードです。
ちなみに、上と下の花も造花を色々組み合わせ、切り、束ねてボードに付けられるように作りました!
花は一番大変だったかも・・・。だけどみんなに誉められたので嬉しかったな。

真ん中の「橋」は彼が橋の設計とかの仕事をする人だから♪

結婚式の記憶

ordermadebouquet21.jpg

去年の11月23日に結婚式をしてから、早4ヶ月。準備が大変だったわりには、その準備を忘れるのは早い気がします・・・。
これ↑はCDのブーケ。オーダーメイドでいろいろ希望を言って作ってもらいました。実はアートフラワーです。クラッチブーケに憧れてた私は、アートフラワーでクラッチを作ってくれるところを根性で見つけました。
お気に入りの思い出の品です。
再来月にいとこが結婚するのに、いろいろ聞かれても記憶があいまいになってきました。あーどうだったかな~。みたいな。
だけど、夢心地な感覚と周りの友人や家族に対する感謝の気持ちは忘れられない気がします。
忘れちゃいけない気持ちな気がします。
そうそう、再来月の従姉妹の結婚式、フレンチレストランのウエディング。HP見たら、すごくお料理がおいしそう♪楽しみだな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。