松風の音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行った年・来た年♪

 あけましておめでとうございます♪
 昨年はお世話になりました。
 今年もよろしくお願い致します

 30日に自宅に帰ってきて
 そして結婚して初めてダンナさんと年を越した。

 

つづきを表示

スポンサーサイト

発見!12年前の版画

週末実家に帰っていた。
バスケをしに帰ったのだけど、旦那さんが夜勤だからついでに宿泊。
11月も終わりで、年賀状が気になる季節。
そこで実家で出してもらったのが、私がずっと続けてきた版画。
小さい頃から、父の影響で、版画で年賀状を刷って作ってきた私。
一番最初がねずみ年。21年くらい前のねずみ年。
木板は難しかったから、ゴム板で彫っていた。
そのねずみ年からずっと残してあるゴム板。
来年の戌年の版画はその12年前のを使おうと思って(笑)
12年前というと、16歳。
そのわりには、幼稚な「犬」の絵の作品だった・・・。
はっきり言って微妙。
仲の良い友達だけにしようかな。ギャクでさ。
欲しい人、リクエストしてくれればだしましょ、コレで(笑)
それにしても絵心ないな~。

懐かしいかおり

 川沿いの道を自転車で走ってると

 「きんもくせい」のかおりがしました。

 私の実家の団地の中に、きんもくせいで囲まれた公園があって

 小さい頃、この季節になるとむせかえるほどのきんもくせいの

 かおりに包まれて遊んだ記憶があります。

 小さかった私は、きんもくせいの小さなその花を摘んで持ち帰り

 よく母にあげていました(笑)

 すると母は、プリンの容器に水を入れてその中に、

 きんもくせいの小さな花を浮かべて、部屋に置いてくれました。

 ここに住み始めて、初めての季節。

 この土地で初めての「きんもくせいのかおり

 きんもくせいは、そんな記憶をよみがえらせてくれました。

 あんな小さなお花、持って帰って母は困っていただろう(笑)

 母の優しさを知る、20数年越しの今日のできごと・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。