松風の音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまくいかない日

 今日はなんだかうまくいかない。
 何が、ってわけじゃないんだけど、なんだか自分の気持ちのコントロールがうまくいかなかった。

 反省。

 子供じゃん、こんなんじゃ。
 なんだろう。
 どうしてだろうか。
 
 自分が嫌いになる。

 自分が好きとか、嫌いとかを考えること自体いやだったりするのに。

 私の中に、「芯」があるヒトになりたい

 自信がなくなったり、卑屈になったり、不安になったり

 気持ちが萎えてしまった今日

 凛とした人でいたい

 そう思ってきたのに。
 うまくいかない。
  
 うまくいかないなぁ。

スポンサーサイト

続・やってしまった…

切手をはらずに投函した、例の手紙。
その後、戻ってこず・・・。
そして先方からの連絡も来ず・・・。
はぁ~

やってしまった…。

 切手をはらずに手紙をポストへ投函・・・。
 しかも履歴書。
 さらに、入れた瞬間気が付いた
 も~う

いつものバレンタイン♪

14日のバレンタインデー。
毎年、バカの一つ覚えのように、作ってるチョコ。
「たこ焼きトリュフ」
20060219161957.jpg

今年はこんな感じ。生クリームの量が多めですごくクリーミーなトリュフになってしまいました。
さらに、今年は雪だるまチョコを、ご近所の仲良しさんにあげるために、私のお空の子も含め、子供の数だけ作成。
すると、5人の雪だるまっ子が
20060219162337.jpg

5人とも違う顔してて、かわいい
作った人が言うのもなんだけどさ。
来年も、作るんだ。たこ焼き&雪だるま。

本のムシ

最近、以前にもまして本を読むようになった。
昔から、父親の(当時の仕事)仕事の関係で、私の周りには本だらけだったから、本を読むことが私は大好きだ。

花嫁友達のkikiさんのところで見た、東野圭吾さんの本、何冊か借りてきたのだ♪
楽しみ♪
今夜から読み始めよう。
「鳥人計画」と「パラレルワールド・ラブストーリー」と「むかし僕が死んだ家」とういうのを借りてきてみた。

本を読み始めると、私は止まらなくて夜通し読んでしまう。
この前は、夕ご飯を作るのを延ばし延ばししてたら、だんなが帰ってきちゃった(笑)

図書館行くと、幸せな気持ちになる。
単行本大好き。
文庫本も持ち運びに便利だからスキ。
全部、無料で貸してくれるなんて・・・!大興奮。

借りる時は、背表紙見て適当に借りちゃう。

本の虫。
私は完全に本の虫だな。

ちいさなおねえさんに教わったこと

 今、とても話題になってる、ホテルの不正改造のことで想う。
 なぜ、あぁいうことが言えるのかと。
 「障害者用の部屋の稼働率は年に数回」と。

 あした、
 自分の身体が不自由になるかもしれないのに。

 障害や車椅子は、他人事ではない
 将来、歳をとった時のことだけとは限らない

 あした、そうなるかもしれない
 なのに。

 2月1日の読●新聞の「編集手帳」にとても素敵なこんな記事があった。
 小学4年生の女の子の詩だ。

 「右側が見えづらい弟」
 障害はたった少しのことだけど
 大きなことにつながる
 だから私はいつも弟の右側にいる
 でもあっちを向いたり
 こっちを向いたりおいていかれる
 でも心の右側にいれば大丈夫
 いつも祈ってあげられるから      (記事より抜粋)
 
 記事は、こう結ばれている。
・・・「心の右側」にいることを放棄した企業が用意する「ゆとりある快適な生活空間」とはいかなるものか・・・
 
 と。

 障害を持つ弟の「目」になろうとする努力
 そして、その心にも「添う」ことを忘れない
 小さなおねえちゃん。

 利益だけを追求したら、排除された「心の右側」

 明日は我が身

 いつか・・・
 それは明日かもしれないのに。

 特別じゃない
 
 自分と違う特徴でもない
 
 みんなが暮らす地球だから

 小さななお姉さんが気が付かせてくれた
 「心の右側」
 私もそこに心を寄せている人でありたい

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。